プライベートに関する意識改革を

介護の仕事を担っている人の中には、勤務時間外に仕事を頼まれてしまい、断れないケースがよくあります。頼まれると断りづらいとはいえ、プライベートを犠牲にするのは問題でしょう。このように時間外の仕事をお願いされる理由は、介護現場でのスタッフ不足が考えられます。

人手が足りないため、一人でいくつも仕事をこなさなければならず、仕事の負担が大きくなってしまいます。そのためプライベートの時間を削って、仕方なく仕事をしている介護福祉士は多いです。
このような状況が続くと、ワークライフバランスを考えるどころではありません。対策として、まずは介護福祉士の人材不足の解消が必要です。加えて、働く本人がしっかりとワークライフバランスについて理解することが重要です。
介護の仕事に従事していると、頼まれて断れない場面も多々あります。しかし、プライベートを考えるであれば、そこは毅然とした態度で断る事も時には必要です。特に、家族との大切な約束がある場合には、事情を話して同僚の理解を得るのも大切でしょう。

仕事は確かに重要であるものの、プライベートを犠牲にしている介護福祉士があまりに業界内で多いのが問題になっています。そういった人のワークライフバランスをサポートするため、人材不足解消に向けた取り組みを行う必要があります。加えて、介護で働く人たち自身が、私生活を大切にするという考えをこれから育てる必要があります。
職場で研修を行い、ワークライフのバランスを取る重要さをレクチャーすることで、介護スタッフたちの意識が変わります。特に女性はしっかりと理解するべきです。ワークライフバランスは、育児や家庭と仕事の両立を目指す女性こそ実現すべき取り組みなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です